2008年10月21日

デッド・ゾーン (The Dead Zone)

人と握手するたびにその人の過去や未来が見えたら…?

はっきり言ってやってられないだろう。

それも、「お、この人、餃子食べてきたな」(ま、臭いでもわかるが)くらいならいいが、「この人、今日は出かけると交通事故に遭って死んでしまう」というようなときは大変だ。

世の中、予知能力 (premonition) や透視 (psychic vision) に対して、偏見も持たず(open-minded)、積極的に理解を示してくれるという人は少ない。

「だめだ!行ってはいけない!」
「はぁ?」
「今日は出かけてはいけない」
「なに言うてますのん?これから大事な仕事の打ち合わせですやん」
「だから、出かけるなってば」
「いきなり初対面のあんたにそんなこと言われたないわ」
「今日出かけると、あなたは… 死にます」
「なにを縁起でもないことを… ちょっとこの人おかしいわ」

なんてことで、「そうですか、はいわかりました。ご忠告ありがとう」などと言ってくれる人はいない。超能力者 (a psychic) もそんな気楽な存在ではないのである。

さて、主人公で超能力者でもあるジョニー・スミス (Johnny Smith) は、かっては地元の高校教師として平凡な生活を送っていた。ある日交通事故に遭いこん睡状態になり、6年後、奇跡的に目覚めたときにはすべてが変わっていた。彼の生活も、まわりの人々も、そして彼自身も…。

これが、物語のスタートである。

そして、エピソードを重ねるにしたがって、彼の超能力は、実は偶然ではなく大きな運命的な流れに動かされているのではないかと思わせる方向へゆっくりと話が進んでいく。彼の後見人となっている、一見善良そうな牧師パーディ (Purdy) やいかにも腹黒そうで誠実さの感じられない政治家スティルソン (Stillson)、彼らが燃やす野心の炎は世界を破滅の方向へと導いているかのように感じられる。

ちなみに、ディスカバリチャネル (Discovery Channel) などでもよく特集しているのが、アメリカで徐々に取り入れられてきているのが超能力者を使った捜査。もちろん、「事件だ!それ、超能力だ!」といった安易なものではなく、どうしても糸口がつかめない、解決できない事件に対して、超能力者による透視や感じたことなどに参考に捜査を行い、事件を解決したという例もあるようである。やはり、人間が普段使うことのない、あるいは、意識していない未知のゾーン(Dead Zone)を使うことで、いろんな事柄が明らかになってくるのかもしれない。






















この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21596463

この記事へのトラックバック