2009年06月26日

REX〜ウィーン警察シェパード犬刑事〜 (Kommissar Rex)

「賢そうなワンちゃんですね」
「ええ、番犬なんですけどね、これで三代目ですわ」

というのが人間世界の常だが、このウィーン警察シェパード犬の場合はちょっと違う。

「今度の飼い主、強そうじゃないか」
「これで、三代目なんだわん」

なんてことで、主人公は犬のほうである。原題の Kommissar Rex もドイツ語で「刑事レックス(レックスは犬の名前)」、そう、犬自体が「刑事」なのだ。実際に、シリーズを重ねていくうちに飼い主であるパートナーの刑事が何度も変わる。

ともあれ、さすがに刑事犬ともなれば、芸も達者でなければいけない。「お手」や「お座り」ぐらいで満足しているお座敷犬とは訳が違う。ドアの開け閉めなんて朝飯前。盗まれたベートーベン(音楽家)の頭蓋骨を犯人が投げたときも、ジャンプで見事、空中キャッチ。「レックス、向こうの部屋をなにげに見てこい。いいか、なにげにだぞ」と言われると、文字通り、「なにげ」に偵察してくることもできる。朝はパン屋にお遣いに行くし(ちなみに好物はソーセージ・パンだとか)、向こうの通りで張り込んでいる仲間に食料を届けたりもする。(注:以下会話部分のカッコ内は推測)

飼い主刑事:「食料届いたか?」
仲間刑事:「ん?パンが一個しかないぞ」
飼い主刑事:「お前、途中で食べたのか?」
レックス:「?(シカト)」

もちろん、テレビも観る。

ある朝のこと、忙しい様子の飼い主。向こうの部屋からしきりに用事を頼もうと名前を呼んでいるが、こっちだって今は忙しい。ソファに寝そべって、お気に入り(?)のテレビを観ているところ。いちいちわがままなコールに答えていられないのだわん。

飼い主刑事:「おーい、レックス、レックス!」
レックス:(無視―テレビに没頭)
飼い主刑事:「おい!レックスってば!ぞうきん持ってきてよ!」
レックス:(無視)

テレビ画面では二頭のパンダがなにやら人間の言葉でしゃべっている。

レックス:(おもろいやないけ…)

そのうち、たまりかねた飼い主がやってきて、

「忙しいんだから、少しは協力してくれよな」

と、テレビをバチンと消してしまう。

しぶしぶ重い腰を上げ、ぞうきんをくわえてくるレックス。飼い主のそばで「(はいよ!)」と落としてから、また、そそくさとテレビの部屋に戻り、前足でリモコンをつける。

画面はパンダからチンパンジーに替わっている。

レックス:(あ、パンダ終わってら…)

突然電話が鳴る。

飼い主刑事:「おい、レックス、電話取ってくれ」
レックス:(無視)

仕方なく電話に出た飼い主刑事が「おい、事件だ」と言うと、そこはプロ、即座にテレビから離れて、相棒の刑事とともに仕事に出かけるのである。

そんなレックスがある日誘拐された。犯人の要求は、こう留されている仲間の釈放。要求を満たさなければレックスを殺すと言う。ここで、人間中心のドラマに慣れていると、つい、犬を誘拐してもあまり効果がないのではないかとか、かわいそうだけど犠牲になってもらうしか… などという考えが沸いてくるがお門違いである。あくまでも主人公は犬なのだ。犯人からの電話で食い下がる飼い主刑事。

飼い主刑事:「レックスは無事なのか?電話口に出してくれ!」

またしても、電話口に出てもワンとかクーンとしか言えないだろうに… などということは考えてはいけない。レックスが電話に出る。

レックス:クーン、ぺろぺろ…(ご主人…)
飼い主刑事:「おい、レックス、大丈夫か?」

レックスは受話器を噛んだり、舐めたりしながら、なんともけなげな様子である。

飼い主刑事:「しっかりしろ!必ず救けに行くからな」
レックス:クーン、ぺろぺろ…(すんまへん、ふがいないことで)

レックスの唾液でべとべとになっている(であろう)受話器を取り上げて犯人が言う。

犯人:「犬の命が惜しければ言うとおりにするんだな」

というわけで、窮地に立たされた飼い主刑事。結局、犯人の要求を呑んで仲間の犯人を釈放してしまう。仲間の刑事も「俺たちも一心同体だ。クビになったら、みんなで新しい職を探そうぜ」なんてことでレックス救出に加担する。ウィーンの警察はみんな良い人ばかりなのかもしれない。

結局、レックスも救出、犯人も再び逮捕というハッピーエンドに終わり、なんとも都合の良いストーリーなのだが、それでいいのである。人間中心の見方をしてはいけない。そう、犬が可愛い、それでいいのである。

下記はドラマのイントロ部分。この7月からミステリチャンネルでシーズン2の放映が始まる予定だ。

http://www.youtube.com/watch?v=lhpaT2EZv04
posted by ronde at 01:26| Comment(11) | TrackBack(0) | ドイツ語ドラマ
この記事へのコメント
ワンコ大好きな私は前からレックス チェックしてました。レックスの飼い主も素敵だしドラマの内容も予想外に面白くて、すごくハマってます。早朝バイトから朝の放映時間に間に合うよう 慌てて帰る毎日です ストーリーが分かってるのに夜の再放送まで観てます民放のドラマは全然面白くないし… ミステリーチャンネルは今の私に 欠かせません。是非 パート2 3 放映して下さいexclamation×2
Posted by 神美佐子 at 2011年03月05日 01:15
コメントありがとうございます。早朝のバイト、ごくろうさまです。ほんと、癒されますね、レックスの仕草を見ているだけで。さきほど、ミステリチャンネル(今はAXNミステリー)のサイトをチェックしていたら、毎日午後3時からレックスやっているようですね。3月11日からREX2も放映するようですが。。。
お楽しみに〜っ。
Posted by ronde at 2011年03月05日 05:49
Posted by 神美佐子 at 2011年03月15日 12:49
ああ… 今日はビックリげっそり 朝バイトが終わっていつものように ルンルン気分で レックスを観ました… 朝からエロ過ぎexclamation×2 こんなん観てていいのexclamation&question 地上波は 地震報道やってるのにexclamation×2 ちなみに今日の題名は 濡れた襲撃者 ですもしやモーザーは 女グセで 奥さんに逃げられたのではexclamation&question
Posted by 神美佐子 at 2011年03月15日 12:56
お楽しみのようですね、REX。
そうでしたか、タイトルからして怪しげですね。
地震はほんとに大変なことになっていますね。被害に遭われた方はどんなに不自由な状況にいらっしゃるかと心が痛みますが、自分たちは普通の生活を続けていくしかないと思っています。日本全体が元気をなくしても、ますます経済も悪くなるだけです。今は、現地の方々を心でしっかり応援しながら、大好きなドラマも楽しんで元気なエネルギーを生み出していきましょう。
Posted by ronde at 2011年03月15日 23:20
日本にも、やっとアレックス刑事登場。
モーザーの死があまりに唐突だったので悶々としていた私に、やっと安らぎが訪れました。
さすが、元警察犬のコマンド隊にいただけあって、アクションがそれらしいですね。
パラグライダーのシーンはちょっとレックスがメタボ気味で重そうでしたが(笑い)これからも楽しみです。
Posted by テンテン at 2011年05月17日 08:58
そうですか。メインの登場人物の死はツライですね。フィクションとはわかっていても、好きなドラマの世界は自分にとって、もうひとつのリアリティ。しかし、レックス同様、新しい相棒とともに乗り越えて行かねばなりませんね。メタボ体型にも負けず奮闘するレックスの活躍、これからもお楽しみください。
Posted by ronde at 2011年05月17日 22:47
いつも、楽しく拝見しています。私は、個人的意見ですが、現在の若い刑事より、モーザー刑事の方が好きです。レックス君と相性が、合っている様な気がしますね。
これからも、再放送、お願い致します。
Posted by 和泉雅子 at 2011年11月21日 13:54
コメントありがとうございます。そうですね、やっぱりモーザー刑事は味がありましたよね。ここのところ、すっかりレックスはご無沙汰していましたので、久しぶりにチェックしてみようかな、と思っています。引き続きお楽しみください。
Posted by ronde at 2011年11月21日 16:40
又大好きなREXが再々放送されてモーザー刑事と
職務に励んでる様子/賢くて ユーモアもある(主観・・)REXは大好きです。
ここ関西ではCSのPM5時から。。。それまで見てた日本のドラマとはおさらば!!
いつも蝶ネクタイでマタボのお医者さん
解剖医??このセンセイは  主役の刑事が代わってもおんなじようにおもいますが
・・
Posted by みかえりだった at 2012年11月23日 18:14
みかえりだったさん、コメントいただいてたのにすみません。通知用のメールアドレスを変更したままだったので気づかず、失礼いたしました。ひょっとして海外に行かれたのですか?
Posted by ronde at 2013年06月30日 12:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30079806

この記事へのトラックバック