2008年06月30日

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー (My Boss My Hero)

ご存知のとおり、これは海外ドラマではなく、TOKIOの長瀬智也さんが主演の日本のドラマ、もっと言うならば韓国映画のリメイクらしい。

で、なぜ、このドラマなのか、海外ドラマとどういう関係があるのかというと、はっきり申し上げて、ない。

話せば長くなるが、実は、この夏、筆者の高校時代、アメリカから交換留学生として来ていた友人が日本に来ることになった。高校の同窓会の記念事業として彼女を招待することになったのだが、もう○十年ぶりの再会である。何年も交流が途絶えていたのだが、同窓会の活動を機にメールアドレスがわかり、今年に入ってからにわかにメールの交換をひんぱんに行うようになり、旧交を温めている。

話はそれるが、彼女は、アメリカ人にしては(?)物静かなタイプで、優しい性格の持ち主である。また、筆者にとって初めての「生きた英語の先生」でもある。彼女が来た当初、学校のほうからも慣れるまで面倒みてやって欲しいということで、同じクラスに配属され、いつもいっしょに行動しながら「通訳」の真似事のようなことをしながら、大いに英語の訓練をさせてもらった。

彼女も英語が通じるから楽だということで、ついつい、いつもいっしょで、彼女の日本語がいっこうに上達しない。とうとう学校側も「これではいかん」ということで、最後には別のクラスに移されてしまったが、今になって、彼女の日本語が上達しなかったのは自分にも責任があると感じるようになってきたといういきさつがある(もちろん、彼女はまったく気にしていないが)。

というわけで、来日を控えている彼女であるが、日本語のCDを聴いたりして、少しでも日本語を取り戻そうとしているとのことである。筆者自身は、英語のドラマを活用して表現などを覚えたという経験があるので、ここでせめてものお返しを―ということで、さっそく、Japanese drama、YouTubeなどとGooglingしていて見つけたのがこれ。英語の字幕がついており、しかもハイスクールドラマでもある。

http://jp.youtube.com/results?search=related&search_query=MyBossMyHero%20Jdrama%20Nagase%20Tomoya%20Tegoshi%20Yuya&v=5VDiGMS1ltA

もちろん、海外ドラマに焦点を当てて鑑賞している筆者としては、このドラマは見たこともない。試しにいくつか見てみると、「ふっ」と吹き出す「おバカ」加減が非常にいい。主役の長瀬くんもかわいい。さっそく、メールで知らせてあげた次第である。

気に入ってくれればいいが…。
posted by ronde at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他