2009年09月03日

時空刑事1973 (Life on Mars)

またしてもお決まりのイントロだが、

もし、あなたが何かのはずみに意識を失い、目覚めたところが30年前だったら…?

しかも、30年前の現在の職場で働いている。そう、現在ではない30年前である。パソコンどころか FAX もない。「これくらいグーグル (Google) で検索 (search) すれば一発なのに…」と思うようなことでも、地道に図書館に行ったりして調べなければならない。書類を作成するにしても、MS ワードも一太郎もないので「あ、間違えた!」となると、消しゴムでゴシゴシやるか、ペンを使っている場合は最初から書き直しなんてことにもなってしまい、現代の便利さに慣れてしまっていると結構キツイ。もちろん、忘れた漢字を変換してくれるソフトもない。とは言え、「今日から入社した○○です」「え、あの○○さん?」など、あのイヤな上司が新入社員で自分の部下になったりする可能性もあり、「たっぷり日頃のお返しを…」ということもできるかもしれない(あまり良い趣味ではないが)。

そんな困った状況になったのが、主人公のサム・タイラー (Sam Tyler) 。大マンチェスター警察 (Greater Manchester Police; GMP) の警部 (Detective Chief Inspector; DCI) である。2006年、交通事故に遭い、目覚めたところが1973年。そして、33年前の大マンチェスター警察で勤務しているという設定である。しかし、彼にとって厄介なのは自分の状態がわからないこと。死んでいるのか、こん睡状態に陥って夢を見ているのか、はたまたタイムスリップ (time slip) してしまったのか。それとも頭がおかしくなってしまったのか…。

これが普通の SF ドラマなら、時間空間のひずみにはまって過去に行ってしまったとか、タイムマシンに乗って飛んできましたなど、自分にも自覚があるのだが、彼の場合はちょっと違う。事故に遭ったところまでは覚えているのだが、それから後はさっぱりわからない。それでも、ふとした瞬間に何かの装置らしき「ピッ、ピッ…」といった音が聞こえたり、近くの電話が鳴るので取ってみたら、自分の名前を呼ぶ母親や医者らしき人間の声が聞こえてきたりする。「あ、動いた!やっぱり彼には聞こえているのよ」「しかし、このままの状態を続けても目覚める可能性はありません」といった会話が展開する。ところが、彼には聞こえるのだが、こちらの声はいくら大声で叫んでも届かない。「もうしばらく様子を見て変化がなければ装置を外しましょう」という向こう側の声。しかし、そんなことをされては、それこそ戻るところがなくなってしまうじゃないか!「待ってくれ!外さないでくれ!」とこちら側で叫ぶ彼。トイレの鏡に向かって、「誰かここから出してくれ〜っ!」と叫ぶ彼に、「アイツ、ちょっとおかしいぞ」と同僚の冷ややかな視線。そんな彼を唯一心配そうに見守ってくれるのが婦人警官のアニー (Annie) である。

ということで、見ている側にも、彼に何が起こっているのかさだかではない。こん睡状態なのかもしれないが、それすら、彼の頭のなかで創り上げられた「空想」の世界なのかもしれない。考えれば考えるほど、この点は「宙ぶらりん」 (suspense) の状態なのだが、その心理状態をじらすようにいろんな事件が展開する。そう、舞台は警察、事件が起こるのは当たり前である(ないにこしたことはないが)。しかも33年前だ。捜査のやり方もずいぶん昔かたぎである。21世紀の警察、サムにとっては当然の手順である科学捜査 (CSI = Crime Scene Investigation) なども、もちろん使われない。「でも、証拠が…」「証拠なんて関係あるか!オレが犯人だと思うんだからヤツが犯人なのさ」といったノリである。汚い手口も使うし、汚職もあり。そんな彼らと絶えず対立するサムは、時代をまたいだカルチャーショック (culture shock) にも悩まされる。

「この事件はどうなるのか」と刑事モノ (police procedural) のつもりで観ていると、突然、2006年の映像のフラッシュバック (flashback) が現れ、あの「ピッ、ピッ…」が聞こえ、会話の声がする。苦悩し取り乱すサム。「彼は現在に戻れるのか」とハラハラしていると、「おい、行くぞ」という同僚の声に覚醒されるように捜査現場に戻っていく。まさに、「刑事モノ」と SF (science fiction) という二つのプロットを交互に織り成すハイブリッド型ドラマと言えよう。

原産国イギリス (UK) で2006年からスタート。アメリカ (US)、カナダ (Canada)、オーストラリア (Australia)、ニュージーランド (New Zealand)、アイルランド (Ireland)、フランス (France) などでも放映され、アメリカではリメイク (remake) もされた。日本では、ミステリチャンネルで放映中。

それにしても、サムは戻れるのか、それとも―。

これは、サムのモノローグで構成されるイントロ部分である。

http://www.youtube.com/watch?v=4jHpaEk6uFM&feature=related
posted by ronde at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | SF (Science Fiction)

2009年01月17日

4400-フォーティ・フォー・ハンドレッド (The 4400: the forty-four hundred)

もし、いま、このブログを読んでいるあなたのところへ、突然まばゆい光のようなものが現れる。そして、「あれっ?」と思った次の瞬間、あなたはまったく知らない時代と場所にいたとしたら…?

両親もとうに亡くなっていない。知っている人もいない。住んでいた場所もない。すっかり変貌をとげた街並み。見たこともないような機械や技術。

どうも自分のいるのは未来らしい。

そういえば、あれはかって同級生だった友人。もうすっかりいいおじいさんになっているのに、自分はまったく年を取っていない。しかし、確実に、いつの間にか時間が経過している未来の世界。

自分はいったい何なのか、何が起こったのか?この何十年間、何をしていたのか、どこにいたのか?

すべてが謎。

エイリアン (alien) による誘拐 (abduction) なのか、たちの悪いマジックなのか、それとも夢を見ているのか。

こんな、浦島太郎のような不思議な出来事に遭遇してしまったのが、この4400人の人々だ。しかも、すべて同じ時代から来たのではない。あの人は50年前、この人は3年前、というふうに、それまでに生きていた時代もバラバラだ。

しかも、知らないうちに、不思議な超能力が備わっている。

ある者には未来を予知できる能力が、ある者は「怒り」を感じるだけで建物を破壊したり、人を殺めることができる。治癒能力を持つようになった者もいる。身に覚えもないのに、いつの間にか、お腹の中に赤ちゃんがいる女性もいる。

誰の仕業なのか、何のための超能力なのか。自分は、これから、どう生きたらいいのか…。

一切が不明である。

そして、その一切の謎を解くカギとは…?

下記は、簡単な予告編とイントロ。

http://www.dailymotion.com/video/xcbpy_les-4400-avec-intro
posted by ronde at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | SF (Science Fiction)

2008年10月01日

X ファイル (The X-Files)

かって FOX で放映され、毎日のお楽しみだったのがこれ。お気に入りのドラマのひとつでもある。

幽霊から爬虫類男、家畜の血を吸い取るチュパカブラ、人のがん細胞を食って再生する男、そしてエイリアンと政府の陰謀… 数え上げればキリがない、ありとあらゆる不思議が登場。

と言っても「お化け屋敷」のような乱雑で低俗な内容ではない。

むしろ、あらゆる不思議な現象に対して知性と感性でアプローチする洗練されたドラマだと言える。また、世界各地の伝説や民間伝承からの引用も豊富で、セリフにもセンスがある。コンセプチュアルな内容が多いため、日常会話以上の語彙力も豊富で、英語の学習にも適している。

さて、X ファイルとは、通常の捜査では解決できない超常現象 (paranormal phenomena) を捜査するFBI内の部署。そしてそれを担当するのが、周囲からは変人(spooky)と呼ばれているフォックス・モルダー (Fox William Mulder) 捜査官とその相棒デイナ・スカリー (Dana Katherine Scully)。幼い頃、妹をエイリアンに誘拐されたと信じているモルダーは、既成の概念を超越した前人未踏の領域に足を踏み入れながら、人生をかけて真実を追求し続ける。対して、あくまでも科学的根拠でアプローチしようとするスカリー。意見を対立させながらも、確かに、理論や理屈を超えた世界があるということを実感していく。

あると思えばあるかもしれない。でも誰もそれを証明できない。同時に、あり得ないということも証明できない。

あなたは信じますか?

心の目を開けば、見えるかもしれない、あなたにも。

真実はそこにある(The Truth is Out There)(キャッチフレーズ)

ということで、見るものをぐんぐんと不思議な領域に引き込み、一体どういうことなんだろう?と思わせておいて突然、話は終わるのが特徴。結局、誰も証明してくれない。解決してくれない。答えを出すのはそう、見ている自分自身。というより、答えはないのかもしれない。

またしても、「この手の話はあきませんわ」とドロップアウトする人もいる。しかし、「考える」ことの好きな人には、この宙ぶらりん状態はけっこう楽しく、思索の世界が広がる。

ちなみに、原産国アメリカではスタートレック (Star Trek) に次ぐ熱狂的なファンを持つドラマ (a cult television show) なのだとか。

下記はテーマ音楽の流れるイントロ部分。

http://www.truveo.com/The-XFiles-Intro-Theme-Song/id/3446571333
posted by ronde at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | SF (Science Fiction)